新古車をお得に買う方法〜未使用車の選び方・基礎知識

MENU

新古車を安く買う為の第一歩!愛車を下取りに出さず、買取店で高く売る!

新古車とは

自動車購入の為に知っておきたいのが新古車の存在です。新車ではないけど古いとはどういうことか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、新古車とは一度名義の登録をされているもののほとんど乗られていない為、走行距離が10キロ未満であったり登録後数ヶ月であるという車のことです。法律では中古車の扱いとなるものの、車の状態はほぼ新車と同じでありますが、価格が新車よりも安く設定されておりますので、近年では新古車を探して購入するという方もいらっしゃるほどです。

 

最近、自動車業界が紛らわしい表記を無くそうという動きから、販売店では未使用車という言葉で呼ばれることがほとんどで、意味合いは新古車と同じと考えていただいて構いません。ではどうしてこのような新古車が多く販売されているのでしょうか?それは自動車販売店の複雑な事情が絡んでいるからです。自動車ディーラー、つまり販売店は売上台数に合わせてメーカーから報奨金が手に入ります。

 

その販売台数を1台でも多くするために。あるいは販売台数ノルマを達成するために、自社の名義で車を購入します。販売店の名義で登録されたこの車こそ、後に新古車(未使用車)となって市場に出回ることとなります。その他にも新古車となる要因はいくつかあり、例えば購入した客が名義の変更後にキャンセルした場合やローン審査などの問題が生じ、登録後に客への新車引渡しをキャンセルせざるを得なくなったりということもあります。様々な事情はあれど、購入する私たちにとっては新車同等のものが安く買えるというメリットは魅力的。オトクに車購入する方法としては知っておきたいことなのです。

新古車の選び方

そんなにオトクに購入できるならと新古車探しをスタートしようという方、ここでは新古車選びの方法を紹介します。まず自動車販売店(ディーラー)で生まれるのだからと、販売店を巡ろうとお思いの方が多いかと思いますが、実はこの方法が一番良くありません。新古車を販売しているのは主に新車販売のディーラーではなく、中古車販売店なのです。したがって中古車販売店へ行きますと、最近では未使用車という言葉と共に多くオトクな価格で売り出されております。

 

しかしここでも新古車の選び方という観点では注意をしておくべき部分があります。実は現在は未使用車という言葉が安さを印象付けるために有効な言葉となっており、しっかりとその価格をチェックしないと、新車を割引で購入したほうが本当は得だったという例が続出しているのです。購入する前に展示品として使っていたことによる傷が目立っていないか?付属品の状況はどうか?保証書が欠品していないか?はチェックしておきたい項目です。

 

では賢く新古車を選ぶにはどうすれば良いのでしょう?それはインターネットを駆使してみてください。例えばガリバーなど中古車販売のサイトや、中古車の総合情報サイトであるカーセンサーなどでも未使用車を検索して探すことが可能です。もしかすると簡単にあなたの欲しい新古車を理想的な状態で見つけられるかもしれません。このように、ネットを使って慎重に行うことであなたにとって嬉しい新古車選びが出来ます。賢い車選びの手段として活用してみてください。

新古車を入手する前に愛車を高く売る

車の買い替えをしようと思っている場合は、愛車をどのようにして高く売るか?これはとても大切なことです。例えば新古車をオトクな価格で購入できたので、その購入店での下取りで十分と考えていらっしゃる方はちょっと立ち止まって考えてください。その下取り査定価格で満足なのでしょうか?ひょっとすると愛車の価値は意外なほど高いかもしれません。本当の価値を知りたいのでしたら、一度ネットでの一括査定サイトで確認をしてみませんか?

 

この一括査定サイトは非常に優れものであり、複数の買取業者からの査定結果が一度の情報入力で手に取るようにわかります。ここできっと気づくはずなのが、業者によって愛車の査定額が違うということです。しかも、新古車を購入する販売店での下取り価格よりも驚くほど高い査定額が付いていることがあるでしょう。その価格差は場合によっては30万円以上ということもあるのです。

 

ではどうしてそれほど下取りと買取で価格差が出てしまうのでしょうか?通常下取りは車種と年式や走行距離によって機械的に判断がなされます。しかし買取業者の場合はそれらの情報に加えて中古車の販売実績などのトレンド状況が重要視されており、需要と供給のバランスによって査定額が変化しているのです。さらにその判断は業者ごとに違いますので、一括査定サイトを利用すると大きな価格差となって表れるのです。これを使えばきっと愛車を高く売ることが出来ます。その結果、新古車購入がもっとオトクになることでしょう。